男性用「BBクリーム」のおすすめを紹介!実際に使ってみてのレビュー【メンズメイク】

「BBクリーム」は、化粧下地、ファンデーション、コンシーラー、日焼け止めなどの効果が全部ひとつにまとまって「これ一本だけでOK!」というめちゃくちゃ便利な化粧品だ。

今回は、男性用「BBクリーム」のおすすめを紹介していく。

メンズメイクは、「BBクリーム」だけでも化粧が完結するので、メイクに慣れていない男性には特に「BBクリーム」はおすすめだ。まずは「BBクリーム」で化粧の効果を実感するところから始めよう。

自分で実際に使ってみた製品のみを紹介している。BBクリームに興味がある人にとっては有用なものになっていると思う。

BBクリームの使い方、選び方

「BBクリーム」は、「洗顔」→(化粧水or美容液)→「BBクリームを塗る」という手順だけで化粧が完結するので、めちゃくちゃ手軽だ。メンズメイクが気になっている人は、ぜひBBクリームから始めてほしい。

「BBクリーム」を選ぶ基準として、

  • クリームの色味が自分の肌色に合うか?
  • クリームの質感が肌に合うか?
  • クレータ、ニキビ、肌荒れ、青髭などをちゃんと隠せるか?
  • 長時間使っていてテカリが出にくいか?
  • 「化粧してる感」が出にくいか?
  • 総合的に、どんな印象の肌になるか?
  • コストパフォーマンスは良いか?

などなど、色々ある。

これはメンズメイクではなく、女性のメイクなど化粧全般に言えることだが、「化粧品は実際に使ってみないとわからない」

そもそも化粧品というものが、色んなのをつけて肌に合うのか試してみるものなので、だからこそ女性用メイクは「化粧品コーナー」などがたくさんあるのだ。

例えば、BBクリームを手にとって見ると、「こんなに色が濃いの?」と疑問に思うかもしれないが、実際に肌に塗るといい感じになったりする。あるいは、クリームの見た目だけで「いい感じかも?」と思っても、肌に塗ってみると期待はずれだったりする。

また、塗ってみたときの感触だけじゃなくて、化粧した状態で一日過ごしてみないと、いい感じが続くかどうかわからなかったりもする。

「肌が合うかどうか?」というのがあるので、客観的なスペックなどでなかなか比較するのが難しい。

だから、本当に自分に合うBBクリームを見つけるためには、「とりあえず色んなものを試してみる」しかないかもしれない。千円代で売っているものなので、そんなに試しても痛い出費にはならないと思う。

複数のBBクリームを買うことのメリットは、「比較できる」以外にも、「混ぜて使える」がある

BBクリームの使い方(というより化粧品全般における使い方)として、「混ぜて使う」というのは、わりと基本的なやり方だ。

化粧品は、成分自体はどれも似たようなものなので、混ぜて使ったりしても肌に問題が出るとかは一切ない。

女性は色んな化粧品を細かく組み合わせるのは一般的だし、同じBBクリームでも、「クマのカバーはこれ」「青髭のカバーはこれ」みたいな使い方をしても全然おかしくない。というより正攻法と言える。

だから、とりあえず一本買ってみて効果を実感できたなら、他に何本か買ってみて、自分に合うものや、自分に合う組み合わせを探してみると楽しいかもしれない。

それでは以下、各BBクリームを使ってみたレビュー&解説をしていく。

 

STAR’S メンズ BBクリーム

価格:40.8(円/1g)
色味:やや暗め、ベージュ
UVカット:SPF30 PA++

最近使った中で、一番良かったと思えた男性用BBクリーム。

使い勝手がとても良いと思う。価格が安いのに、肌に馴染みやすく上質感もしっかりある。

「日本人男性のために開発された バレないメンズBBクリーム」とのことで、実際にコンセプト通りの使用感になっている。

化粧してる感のない自然な仕上がりで、使いやすく汎用性が高い。

コスパも良く、メンズメイク初心者に強くおすすめできる製品。

 

NULL BBクリーム

価格:84.0(円/1g)
色味:暗め、オレンジ
UVカット:SPF30 PA++

「男性向けBBクリーム」の代表的な存在で、「ヌル」と呼ばれている。

色が濃い目で、女性向けではなく、明確に男性向けとして作られている感じ。

発色が良く、力強い印象があるBBクリームで、他よりもカバー力が高いかもしれない。

青髭などが比較的キレイに隠れるし、肌の綺麗さに自身がない人にもおすすめできる。

高いカバー力なのに、出来栄えが自然で、愛用者が多いのも納得。

 

ルオモ マットキープBBクリームN

価格:69.1(円/1g)
色味:やや暗め、ベージュ、オレンジ
UVカット:SPF30 PA++

「ルオモ」も、男性用BBクリームとしては愛用者が多い定番のひとつ。

やや小麦色で暗めのクリームだが、塗ってみると全体的に明るい印象の肌になる。

比較的「化粧感」が強く、メイクから長く時間が経っても、汗やテカリが残りにくい。

自然な仕上がりではあるが、他と比べてやや「化粧してる感」は強め。

塗っているときは重たそうな感じがするが、塗ったあとはベタつかず、完成度が高く感じた。

油分が強く、水洗いだけでは落ちにくい。

 

ウーノ フェイスカラークリエイター

価格:42.5(円/1g)
色味:明るい、ホワイト、ピンクベージュ
UVカット:SPF30 PA++

他の男性用BBクリームと比べて、かなり色が白いのが特徴。女性用BBクリームと同じくらい明るい。

カバー力は薄めだが、肌に馴染みやすく、化粧っぽさもほとんどない。日焼け止めみたいな感覚で塗れるほどの軽さ。

もともと肌の綺麗な人が、より美しく色を整えたい、という用途に向いていると思う。

香料が使われており、好みは別れるかもしれないが、オリジナリティもありながら完成度の高い製品。

 

MOOJ メンズ BBクリーム

価格:79.0(円/1g)
色味:やや暗め、ベージュ
UVカット:SPF37 PA++

最近使って良かったと思ったBBクリーム。

(その人の肌質にもよるだろうが、)カバー力が強く、仕上がりも自然で、かなりいい感じだった。長時間付けていても崩れる感じがなく、ストレスがない。

ややパウダー感が強めの、BBクリームとしては粘土が高いほうで、洗顔剤やクレンジングオイルなどがあったほうが落としやすい。

化粧っぽさが強めだが、仕上がりは化粧をしていないように見える、かなりの工夫が感じられる製品。

 

ベジボーイ BBクリーム

価格:86.4(円/グラム)
色味:暗め、ベージュ
UVカット:-

価格がわりと高めのBBクリームだが、クマやニキビ痕や青髭など、部分カバー用として想定されているように思った。

チューブの先が尖っていて、細かい部分に塗りやすく、ピンポイントで気になる部分をカバーするコンシーラー的な使い方が向いているかもしれない。

カバー力は高いが、そのぶん重い感じで、顔全体に塗るには向いていないかもしれない。

 

メンズBBクリームの紹介は以上になる。

当ブログでは、メンズメイクのやり方解説記事なども書いているので、よかったら以下の記事なども参考にしていってほしい。

【メンズメイクの方法】初心者のために男性向けの化粧のやり方を解説

2019.08.29

 

スポンサーリンク

コメントを残す