メンズ美容室の行き方、ヘアカットの頼み方、おすすめの見つけ方などを解説

男性にとって「髪型」は、見た目の印象に大きな影響を与える、最重要箇所だ。

「ルックスの5割〜7割は髪型で決まる」なんて言われることもある。「雰囲気イケメン」で髪型がダサい人はいない。

今回は、「かっこいい髪型にするためにはどうすればいいか?」をテーマに、「美容室の行き方」を初心者向けに解説していく。

髪型は課金ゲーであることを意識すべし

「髪型」は、大きく印象を左右する要素である一方、「課金」して解決するしかないものでもある。

体型とか、肌質とかに関しては、自宅での苦労のほうが大事なのだが、「髪型」は、自分の手ではどうやっても難しい。

髪は、「切ってもらう」必要があるので、どうしてもかけた金額に左右されやすい「課金ゲー」になる

金をかければそれなりになるので、ある意味では楽だが、定期的に金をかける必要があるという点ではきつい。

自分に似合う髪型がすでにちゃんとわかっている人であれば、安く済ませる方法はあるのだが、初心者ほどちゃんとした髪型にするために、潔く課金したほうが手っ取り早い。

ちなみに、「4,000〜7,000円くらい」が、まともなメンズカットの相場で、通うのはだいたい1〜2ヶ月に1回くらいだろうか。年間で3〜5万円ほどの出費になると思う。

かっこいい髪型を維持するのはお金がかかるけど、ただ、髪型にはそれだけ投資する価値がある!

 

まずはスタイリングをやってみよう

初心者ほど、「髪型のことを何も知らない状態で美容院に行くのはこわい」と思っているのではないだろうか。

まずは、ワックスやジェルを使って、「ヘアスタイリング」を鏡の前でやってみよう。

メンズカットは、ヘアスタイリングも込みで考えるべきなので、現状の自分の髪で、どういう感じになるのか、とりあえずやってみるといい。

メンズヘアスタイリングに関しては、以下の記事を参考。

メンズのヘアスタイリングの超基本を解説【動画で学ぶ男の髪セット法】

2019.09.09

いわゆる「お金をかけていないダサい髪型」というのは、もっさりしているものなので、あまりいい感じにならないだろう。

現代のオーソドックスなメンズカットは、ツーブロック(耳から下を刈り上げっぽく)が基本で、そのほうがもっさり感がなくなって、洗練された感じになりやすいからだ。

髪型に関してまったくわからない人は、とりあえずワックスやジェルを使ったスタイリングを自分でやってみると、どういう髪型が良いのか目処をつけやすい。

まあ、必須というわけではないので、面倒くさいのでであればこの過程はスキップしてもいい。

 

どうやって美容室を見つければいいのか?

グーグルマップ」に「美容院 メンズ」などと打ち込めば、近くにあるものを表示してくれる。

口コミや店の雰囲気とかも事前になんとなく把握した上で行きたいのであれば、「ホットペッパービューティー」が、現時点では主要な選択肢となる。

「ホットペッパービューティー」の場合、髪型や地域など、かなり細かく指定して検索できるし、ネットでそのまま予約できる。

ただ、「良いメンズカットの美容室を見つける方法」だが、「あまりない」というのが正直なところ。

例えば、「良い飲食店を見つける方法」を考えてみよう。実際のところ、「食べログ」の星や口コミなどを見て飲食店に入っても、レビューがそれほど参考になるわけでもないし、いろいろ自分なりに探すか、知り合いなどに良い情報を聞くしかない。

美容院」の場合は、飲食店よりさらに良いものを見つけるのが難しい。

飲食店は月に何度も行く人がいるが、美容院は月に1回も行けばかなり多いほうだし、多くの人が「行きつけ」を決めたら、そこに通い続けるからだ。

「招待制」でやっている美容院もけっこう多いし、オシャレな知り合いに紹介してもらうのでなければそういうところにはいけない。

結局のところ、「自分にとっての当たり」を引くまで、いくつか目処をつけて行ってみるしかない。

新しい美容院に行ってみるのは、変な髪型になるリスクもあるし、慣れていない人にとっては精神的に消耗するものだと思う。ボッタクリみたいな美容室もないわけではない。

それでも、何度か外れを引く覚悟で、勇気を出して行ってみるのが大事。

基本的には、「ホットペッパービューティー」で検索して、

  • 行きやすい距離にある
  • メンズカットにそれなりに力を入れていそう
  • 悪い口コミがない

ところを選ぶのがいいと思う。

ホットペッパービューティーの口コミは、良い意見を参考にするというより、悪い意見があるところを避けるというマイナス評価がいいと思う。なお美容室は、口コミがまったくついていない、ひっそりやっているところのほうが凄腕だったりすることはわりと多いらしいから、コメント数が多ければいい、というわけではない。

 

何と言ってヘアカットを頼めばいい?

これは人によるのだが、もしコミュ力を発揮できるのであれば、「どういう髪型がいいと思いますか?」と聞いてみるのがおすすめだ。

「ちょっと髪型とかに力入れようと思って良いところで切ろうと思ったんですけど、なんか良さそうな髪型ないですか?」と聞けば、カット単価5,000円以上の美容院であれば、(よっぽど変な人を引かない限り)こころよくアドバイスしてくれるだろう。

頼み方は「おまかせ」で全然よく、大事なのは美容院を予約して足を運んでみる勇気だ。

相手頼みが嫌であれば、「ツーブロックのショートヘア」あたりが、社会人男性にとって一番無難な髪型だと思う。

ツーブロックの長さを聞かれた場合は、「6〜8mm」くらいがちょっと長めで無難な感じ。

ただ、やっぱり人によって似合う髪型は全然違うので、「どういう髪型がいいと思いますか?」と聞ければそれに越したことはない。

 

結論

結論をまとめると、

  • 髪型は課金ゲーなので、とりあえず美容院に足を運んで、いい感じにカットしてくれる場所を見つけるしかない
  • それなりのランクの美容室に行って、どういう髪型が似合うか聞いてみる「金銭力」と「コミュ力」が大事

という、わりと身も蓋もない結論になる。

ただ、髪型は本当に印象を大きく左右するので、投資して損にはならないぞ!

 

スポンサーリンク

コメントを残す