セブンイレブンの「親子丼」がおいしすぎて怖い!鶏肉と鶏卵の組み合わせは最強!

鶏肉と玉ねぎを、出汁や醤油の味付けで卵とじするだけの、シンプルにして最強の料理! それが「親子丼」だ!

セブンイレブンの「親子丼」は、レンジで温めるだけのコンビニ弁当なのに、ありえないくらい美味しい!

「こんなものが手軽に食べられていいのか……」と怖くなってくるほどだ。

ビニールと透明なフタの下から見える、黄金色の輝きが眩しい!

ビジュアルだけで「絶対に美味しいだろこれ」感が伝わってくる。

 

「炙り鶏の特製親子丼」の「価格」と「栄養成分表示」

価格:税抜430円(税込464円)

エネルギー:531kcal
たんぱく質:21.9g
脂質   :9.1g
炭水化物 :90.2g
ナトリウム:1.2g

 

親子丼は、栄養価にも優れた料理であることがわかる。

他の弁当系や丼系と比較しても、タンパク質が多めで、脂質が意外と少ない。

「鶏肉」と「卵」って、どちらも食材としては最強だよね。ニワトリの畜産は人類史に残る偉業だと思う!

「親子丼」というのもなかなかに残酷な名称だが、「鶏肉」と「卵」を組み合わせる魅力には抗い難い。

 

「炙り鶏の特製親子丼」の写真付き実食レビュー

具の皿の中央には卵の黄身が。なんとも美しい。

ただ、これは「加工卵」といって、実は本物の黄身ではなくて、卵黄をベースにして作ったソースなんだ。何の加工もしない本物の黄身だとすぐに腐っちゃうからね!

 

レンジは「500W3分」か「1500W1分」で温め完了!

ふんわり湯気とこうばしい香りが。

加工卵が溶け出して、なんとも神々しいオーラを放っている。

鶏肉や卵がテカテカに光って、見ただけでめちゃくちゃ美味しいことがわかる!

 

二段構えになっていて、下は白米!

もちろん、ビニールを解かないまま同時に温めることができる。

付属品は「きざみのり」と「七味唐辛子」。

 

上の皿の具を白米に投入!

文句なしに親子丼!

 

七味と海苔をかけて、完成。

これがあるのとないのとでは全然違う。調味料も大事だよね。

 

鶏肉が「ぷりっぷり」で、それに絡む卵が「つやっつや」。

至福の食べごたえですね。

何も言うことがないくらい美味しいです。

お店に行っても、これほどの味のものにはなかなか巡り会えないかもしれない。

これがたったの430円なんて……安すぎるよ。

 

これは自分流なので真似しなくていいのだが、半分くらい食べたあとで、「七味唐辛子」をブーストしている!

後半からガツンとした辛みを加えることによって、満足感をかさ増しすることができるのだ!

辛いのが好きな人はやってみて欲しい。

親子丼の食感と味付けには、唐辛子がめちゃくちゃマッチする!

「出汁」の味が前面に出ているのが良いのかもしれない。「牛丼」や「カツ丼」など、他の丼モノではこうはいかないんだよね。「大量の唐辛子とマッチする」というのも、親子丼の良さの一つだと個人的には思っている。

 

「炙り鶏の特製親子丼」の評価

評価は、100点満点中「93点」だ。

セブンイレブンの「レンチン丼ぶり」系はどれもクオリティが高いけど、その筆頭になるのが「親子丼」ではないだろうか。

シンプルな定番料理だが、そのぶんレベルの高さがはっきり出やすい。セブンの親子丼は、「これは美味しい!」と多くの人が驚くレベルに到達していると思う。

鶏卵を生や半熟で食べる食文化がない海外の人たちは、「親子丼」を受け入れられないことが多いらしいけど、こんなに美味しいものを味わわずにいるのはもったいない。親子丼を食べるたびに「日本の食文化圏に生まれてきて良かった!」と思える。

 

この記事を書いている最中にも、だんだん親子丼が食べたくなってきてしまった。

 

スポンサーリンク

コメントを残す