レアチーズのどら焼き?セブン「ふわもちレアチーズどら」を食レポしてみた!

「どら焼き」と言えば、餡をカステラ風の生地ではさんだ、人気の和スイーツのことを言う。

セブンの新作スイーツとして発売された「レアチーズどら」は、レアチーズクリームを、ホットケーキ風のふわもち生地ではさんだ、新感覚の「どら焼き風スイーツ」

形状は「どら焼き」だが、洋菓子の材料を使っている。

食べやすさとチーズクリームのおいしさを両立した、和洋折衷のスイーツだ。

「レアチーズどら」の「価格」と「栄養成分表示」

価格:税抜140円(税込151円)

エネルギー:230kcal
たんぱく質:3.6g
脂質   :13.4g
炭水化物 :23.7g
ナトリウム:161mg

洋菓子の材料を使ったデザートにおける、標準的なカロリーと脂質。

材料を見ると「レモン果汁」が使われていて、「レアチーズのあのちょっと甘酸っぱく爽やかな感じの秘密はレモン汁だったのか」って思ったりする。

 

「レアチーズどら」の写真付き実食レビュー

手触りは、ふわふわのもちもち。「ふわもち」という名前を裏切らない。

材料的には「ホットケーキ」とかに近いと思うんだけど、米粉をつかってもっちりした生地にすることで、ちゃんと和菓子(どら焼き)ってぽい感触が出ていると思う。

 

生地も真っ白だが、中身にも真っ白なレアチーズホイップがビッシリ詰まっている。

人気漫画『BLEACH』に出てくる、最も美しいとされる斬魄刀「袖の白雪」みたいに、生地も純白、中身も純白……って感じだ。

食感は、たしかに「どら焼き」に近いが、より生地のもちもち感が強い。中のクリームの柔らかさも、しっかり口に感じることができる。

レアチーズホイップは、「あんこ」のように直接的な甘さではなく、上品な感じの甘さなのだが、もちもちの生地と一緒に噛むと、絶妙な具合に口中で混ざり合う。

慣れていない味に戸惑うかもしれないが、かなりおいしい。ハマる人もいるのではないだろうか。

 

「レアチーズどら」の評価

評価は、100点満点中「82点」だ。

コンビニのスイーツは、色んな新しい発想で楽しませてくれるものが多いが、これもその一つ。

「どら焼き」の形状を使って、レアチーズを生地にはさんで食べるという、楽しく新しい体験を与えてくれる。

甘さはちょっと抑えめで、ベースが小麦粉とクリームなので、誰が食べても無難に美味しいと思う味付けにもなっている。

価格も安めで、激しいコンビニスイーツの競争の中でも、レギュラー入りできるポテンシャルを持っている品だと思う。

 

まあ「どら焼き」に関しては、「餡」と「チーズ」と「バター」を組み合わせたものが最強だと個人的には思っている。カロリーはやばいけどな!

スポンサーリンク

コメントを残す