『ファイアーエムブレム 風花雪月』をクリアしたので評価&感想【FE新作レビュー】

『ファイアーエムブレム 風花雪月』は、2019年7月26日に発売された、シミュレーションRPGだ。

パブリッシャーは「任天堂」で、ディベロッパーは、「インテリジェントシステムズ」と「コーエーテクモゲームス」。

「FEシリーズ、初の学園モノ」ということで、注目を集めている。

今回は、『ファイアーエムブレム 風花雪月』をクリアしたレビューを、ネタバレなしで紹介する。

このゲームが気になっている人、どんな評価か知りたい人は、あくまでひとつの意見として、参考にしていってほしい。

率直に言ってどんな評価?

「ファイアーエムブレム」シリーズの「新しい良さ」を見出した神ゲーであり、ひとつ「到達点」と言える。

正直、めちゃくちゃ面白かった!

自分はシリーズをすべて遊んだわけではないが、今までやったFEの中では、間違いなく一番感動した。

ていうか、今まで遊んだシミュレーションゲームの中で、最高傑作かもしれない!

自分は、「ファミコン」「スーファミ」あたりから「ファイアーエムブレムシリーズ」を遊んでいた古参プレイヤーだが、「GC」の『蒼炎』あたりからはシリーズから遠ざかって、『if』などの過剰なキャラクター重視には嫌気がさして、「もうFEシリーズは終わったな」と考えていたくらいだった。(『覚醒』も途中まで遊んだのだけど、面倒になって投げてしまった記憶がある。)

「風花雪月マジでめっちゃ面白いから遊んでみ」と友達に言われてやってみたのだが、良い意味で期待を裏切られまくるほど面白かった!

RPGとして、シミュレーションゲームとして、キャラゲーとして、最高峰に面白い!

「こんなゲームの面白さがあったんだ!?」という感動を味わえた、稀有な体験だった。

このブログの読者の方は、自分が紹介するゲームをここまで褒めちぎるキャラではないことを知っていると思うが、『FE 風花雪月』は、手放しで称賛したくなるほどの傑作だった。

 

FEシリーズの新しい達成

もともと「FEシリーズ」は、任天堂が発売するゲームでありながら「シビアで骨太なシミュレーション」という立ち位置だった。一方で、キャラクターの魅力をよりピックアップした『FE 覚醒』『FE if』のような作品が出て、それはそれで人気を博した。

そのため、シミュレーション要素を重視する「従来のFEシリーズ」と、キャラ要素が強く押し出された「覚醒ifのFEシリーズ」の間で、ファン層の分離のようなことが起こっていた。

『風花雪月』は、後者の「キャラ要素」が強いゲームに映るだろう。

かくいう自分は、前者の、キャラ要素よりもシミュレーションの部分を重視するプレイヤーだった。なんなら、既存のシリーズを遊ぶうえで、会話とか、支援要素とかが、ちょっと面倒くさいくらいに思っていた。

「ニンダイ」とかの情報で本作が出ると知ってからも、「たぶんやらないだろうな」と思っていたし、んならタイトルを『ファイアーエムブレム 花鳥風月』と勘違いしていた。

しかし、遊んでみると、『FE 風花雪月』は、「シミュレーション要素」と「キャラ要素」のふたつを完璧に統合し、新しいファイアーエムブレムの世界を切り拓いた大傑作だった。

今では、食わず嫌いせずに遊んでみて、心の底からよかったと思っている。

シミュレーション色の強い過去シリーズに愛着を持って敬遠している人もいるかもしれないが、従来のシミュレーションとしてのFEシリーズの良さをも再発見できるクオリティの高さだと思うので、ぜひ遊んでもらいたい。

 

公式トレーラーは以下↓

 

コミュニケーション、ストーリーに大きな比重を割いている

PVを見てもらえれば感じはつかめると思うが、プレイヤーは「先生」になって、学園の生徒たちを指導する。

学園のクラスは3つあり、そのうちの1つを選ぶことになるのだが、その選択によって将来は大きく分岐する。(ちなみに自分の初見プレイは「青獅子の学級(ルーヴェンクラッセ)」を選んだ。)

2部構成になっていて、第1部では、先生になって生徒を指導する学園パート。第2部は、1部から5年後に起こる、大陸全土を巻き込む戦争。

かつて同じ学園で過ごした生徒たちと、敵対することになる。

第1部で「ほのぼの学園モノ」をやったのに、第2部で普通に敵対して殺し合うのよ?

ヤバくない?

ネタバレは避けるが、ぜひとも遊んでみてほしい!

何がスゴいって、テキスト量が膨大なのに、チープさを感じさせないところ!ちゃんと群像劇になっている!

ストーリーものって、テキスト量が多いだけに、三流のライターが書いたチープなセリフが多くて気が滅入ったりすることも多くで、それが嫌だったんだけど、『FE 花鳥風月』はそういうのが一切ない。

「戦記物」として、めちゃくちゃクオリティが高いし、ひとりひとりの会話から全体の背景が浮かび上がってくる、群像ものになっている。

お気に入りのキャラとイベントをこなしたりするのも、本当に楽しい。

 

キャラ愛があるからこそ、育成、シミュレーションの面白さが格別

「キャラの愛着があるからこそ、シミュレーションは面白いんだ!」という、自分の中で新しい発見があった。

単なる駒ではなく、愛着あるキャラだからこそ、シミュレーションゲームはここまでは手に汗握るものになるんだという、今までの自分のゲーム観が覆され、反省したくなるほどの衝撃だった。

学園でじっくり育成し、色んなことを共有した仲間たちだからこそ、ここまで熱くなれるのだし、「戦記物」の本領を初めて味わえた気がする。

「ハード」の「クラシック」で遊んだが、ファイアーエムブレムらしい歯ごたえを十分に感じて、かなり楽しめた。過去の蓄積があったからこそ、ここまでの重厚なシミュレーションRPGが可能になるのだと思った。

「いままで舐めててすみません!」と、ファイアーエムブレムシリーズに謝りたくなるような、最高峰のシミュレーションの面白さ!

 

あえて欠点を挙げるなら……

いちおう、買おうか迷っている人のためのレビューなので、欠点を挙げておく。

「プレイ時間の長さ」と「テンポの悪さ」というのはネックになると思う。

テキスト量(セリフ量)が多いので、普通にセリフなどを聞いていると、かなり時間がかかる。

キャラ育成は「授業」といった形で行うことが多いのだが、それもけっこう時間を食う。

クリアするまでにかかる時間は、だいたい40〜60時間ほどが目安。クラスが3つあるので、その3倍を考えると、かなりのボリュームになる。

ゲーム中の時間の多くは、テキストが占めていて、「ゲームにストーリーやキャラは要らない」という考えを持っている人は、不満に思うかもしれない。

自分もどちらかと言えば、ストーリーやキャラを否定するタイプだったが、それを覆されるほど素晴らしいものがあったので、「テンポが悪い」という欠点を加味した上でも、本作が神ゲーであるという評価は揺らがない。

 

「止揚」が成し遂げられた傑作

「止揚(しよう)」というのは、難しい言葉なのだけど、ふたつの相反するものが統合されて、より上の段階に進むことを言う。

『風花雪月』は、今までのFEシリーズにおける「止揚」が成し遂げられた作品だと思う。

「シビアなシミュレーションRPGとしてのFE」と、「魅力的なキャラクターの群像劇としてのFE」は、それぞれの良さを持ちながらも、ファンを分断するような要素だったが、『花鳥風月』によって、その良さが統合された

戦記シミュレーションだからこそ、キャラを切実に感じるし、キャラ愛が芽生えるからこそ、シミュレーションに熱中できる。

相反する要素だと感じていた2つが、『風花雪月』では、見事に一体になっている。

今までのFEシリーズの軌跡は、まさにこのためにあったのかもしれない。

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』は、今までのゼルダシリーズの集大成とも言える大傑作だったが、この『FE 花鳥風月』も、同じことが言えるかもしれない。

ここにきて大傑作を連続で出すなんて、任天堂ってすげーな、と思う。

「イケメン美女で釣れば売れると思ってるのか?」などと穿った見方をして敬遠していた自分が恥ずかしくなるくらい、素晴らしい出来のゲームだった。

日本のキャラクター文化の良さ、面白さを再確認できるゲームでもあった。

むしろ、キャラものを敬遠している人にこそ遊んでほしいタイトル。

とても親切に作られているので、FEシリーズ未経験の人にもおすすめできる。もしこのレビューで気になったのであれば、ぜひとも遊んでみてほしい。

 

『風花雪月』のレビューは以上になる。

当ブログでは、「ニンテンドースイッチのおすすめソフトランキング」などの記事も書いているので、よかったら見ていってほしい。

ニンテンドースイッチのおすすめソフトをランキングで紹介【Nintendo Switch神ゲー】

2018.07.21

 

スポンサーリンク

コメントを残す