ニンテンドースイッチ『スマブラSP』をレビュー!悪い評価や感想も正直に言ってみる!

任天堂オールスターに加え、近年では他社作品のゲームキャラも勢揃いする「大乱闘スマッシュブラザーズ」シリーズ。

自分は、初代64のスマブラから、歴代のシリーズはすべて購入している。

もちろん、『スマブラSP』も予約して発売日に手に入れた。

今回は、ニンテンドースイッチソフトのスマブラ最新作『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』の、正直なレビューを書いていきたい。

『スマブラSP』においてレビューと言えば、各キャラごとの強さ評価などを期待する人が多いと思うが、この記事は「ソフト自体の感想&レビュー」なので、それをわかったうえで読み進めてもらいたい。

過去最大のお祭り感!「ゲーム文化ってとても良いね!」と思えた

「スマブラシリーズ」は、『SP』を含めて5作品が発売されている。

自分がスマブラで好きなのは、発売される前に、「どのキャラが参戦するのか?」が盛り上がる、あのお祭り感だ。

もともと、Wiiの『スマブラX』くらいまでは、「隠しキャラはあんまり発表で明らかにしないで隠しといてくれよ」と思っていたのだが、『スマブラ3DS/WiiU』あたりからは、「ネットで盛り上がる」という文化が楽しくなってきて『スマブラSP』は特に発売前が楽しかった!「遠足前の楽しさ」ってやつかな?

ワクワクしながら「ニンテンドーダイレクト」を見て、「まさかコイツが……!」と驚いて盛り上がるのが楽しくて、「ゲームという文化はとてもいいね!」と思うことができた。

今回は、任天堂だけじゃなくて、他社のキャラクターも充実してたし、ダウンロード特典で少しずつキャラが追加されていったのもよかった。

発売される前の「お祭り感」だけでも、スマッシュブラザーズというタイトルの価値は十分にあったと言えると思う。

 

作り込みはスゴいが、初心者にとってはつらい部分がありそう

キャラクター、ステージ、BGMは、「スイッチってこんなに容量あるもんなの?」と驚くくらい、膨大かつ綿密。

作り込みは、本当にスゴいと思う。ディレクターの桜井政博には、「本当にお疲れさまです」と言いたい。

ただ、作品の雰囲気や内容は、「すでにスマブラが好きな人向け」という気がした。

全体的な仕様が「ガチ勢」向けで、ストーリーモードとか、やたら難易度が高いし、「隠しキャラ」が普通にそこそこ強い。

ほとんどが「隠しキャラ」というのも、数が数なだけに、もちろんワクワクする人のほうが多いかもしれないが、気圧されてやる気を失ってしまったユーザーもいるのではないだろうか?

スマブラを初めて遊ぶ人からすると、ちょっと、全体的に、「難しすぎる」ように思う。

シリーズを通してスマブラをプレイしている人から当たり前のことでも、初心者にとってはそうではないことばかりだし、そこらへんが配慮できているのかな……と経験者ながらに疑問に感じてしまった。

『スマブラSP』に対する低い評価の多くは、「初心者向けではない難易度」に対しての不満なのではないかと思う。

 

バランス感覚を失っているところはある

過去作のスマブラは、「ワイワイガヤガヤ」という雰囲気があったが、今作はなんというか、ちょっと真面目すぎる雰囲気を感じた。

むかし、桜井政博さんが何らかのインタビューで、「終点でアイテム無しでやることだけがスマブラの上手さではないですからね」みたいな発言をしていたのが印象に残っている。

ガチ対戦ではなくて、色んな状況で色んなことが起こるから楽しいのだ、という考え方に共感したことを覚えている。

でも、今作『スマブラSP』は、「終点でガチ」が基準になっているように感じるし、なんか息苦しい。

「気軽に楽しめる」部分が減って、「練習や苦労を強いられる」部分が増えたように思う。

『64』や『DX』のスマブラは、もっと適当に遊べたし、だからこそ間口が広がって、色んな層のファンを獲得した。

『DX』なんかは、ストーリーモードとかはかなりシンプルだったのに、フィギュア集めとかすごく楽しかった記憶があるのだが、それは単なる思い出補正だけの問題だろうか?

もっと、派手に気軽に遊べるシンプルなストーリーモードなどが充実していればよかったかな、と思う「灯火の星」は、ギミックとかが不必要にゴチャゴチャしていて、何か作業感を感じてしまうようなところがあった。

「シリーズを重ねるとマジメになってつまらなくなってしまう現象」って、初代『スプラトゥーン』が『スプラトゥーン2』になったときにも起こったことかな、とも思う。

大味な感じが消え、上級者視点ではバランスが良くなって改善されているのだけど、初見プレイヤーからすると、魅力が乏しい感じになってしまう現象だ。(批判するような意見だが、自分は『スマブラSP』も『スプラトゥーン2』も神ゲーだと思っていますよ。念のため。)

まあでも、ここまでの大作を作り上げて、正気を失っていないだけスゴい、と言うべきかもしれないが……。

 

総合的には神ゲーであり、これからもずっと遊び続けることができるだろう

悪い点がないわけではないが、他の様々な面が良いからこそ目立つだけで、総合的には間違いなく神ゲー!

「本格格闘ゲームとしてのスマブラ」として、もう完成してしまったのではないかという感じがする。

「ファイター全員参加」に関しては、本当に良くやってくれたという感じ。(これほど膨大なキャラクターをそれぞれ調整して、普通にオンラインゲームが成り立つほどのバランスを整えたのだから、偉業と言うほかない。)

調べたところによると、初心者にとって難しい問題に関しても、アップデートでだいぶ解決はされているようだ。

特定のキャラが強すぎたり弱すぎたりという問題も、アプデなどで解決することが可能だろう。

『スマブラ』は、これからもずっと遊んでいくゲームなので、現時点で評価をくだすのは、まだ早いとさえ言えるかもしれない。

色んなところで大会やゲーム会が開催されているし、これからもたくさんの人の大切な思い出になるであろう、最高のお祭りゲームだ。

このような素晴らしいゲームを世に生み出してくれた製作者の方々、その土台となった様々なゲーム文化の蓄積に、感謝したい。

自分の持っているハードのソフトに、スマブラのような「共通点になる対戦ゲーム」があるというのは、とてもありがたいことなのではないかと思う。

 

以上、手短だったが、『スマブラSP』の感想&レビューでした。自分はスマブラガチ勢ではないので、「一般的なゲームファンのスマブラに対する意見」という程度にとらえてもらいたい。

この記事が参考になったという人は、以下の「スイッチおすすめソフトランキング」も見ていってくれ!

ニンテンドースイッチのおすすめソフトをランキングで紹介【Nintendo Switch神ゲー】

2018.07.21
スポンサーリンク

コメントを残す