『ゼルダの伝説 夢を見る島 Switch版』をクリアした感想&評価【ネタバレなしレビュー】

2019年9月20日に発売された、ニンテンドースイッチソフト『ゼルダの伝説 夢を見る島 Switch版』をクリアしたのでその感想とレビューを書いていきたい。

本作は、1993年に「ニンテンドーゲームボーイ」から発売された『ゼルダの伝説 夢を見る島』のリメイクで、25年以上もの時を経てのリメイクとなる。

ちなみに、自分はリメイク元の作品を遊んでいるわけではない。だから、原作との比較によってゲームを評価できるわけではないことに注意。

『夢を見る島』を初めて遊んだ人のレビューとして読んでもらえればさいわいである。

ゲームの評価が気になっている人や、買おうか迷っている人は、参考にしていってほしい。

2Dゼルダには2Dゼルダの良さがある

「ゼルダの伝説シリーズ」は、立体的なマップを駆け回る「3Dゼルダ」と、俯瞰視点の「2Dゼルダ」に分かれる。

自分は『時のオカリナ』『ムジュラの仮面』を始めとする、「3Dゼルダ」シリーズが大好きで、全部クリア済みだ。もちろん『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』も最高のゲームだと思っている。

ただ、実は自分は、「2Dゼルダ」をあんまり遊んだことがないのよ。

唯一遊んだことのある「2Dゼルダ」は、『神々のトライフォース』で、自分が学生のときにめっちゃ流行っていたのでやってみたんだけど、まあ普通に面白かったな、という感想。

そのあとに出た『時のオカリナ』や『ムジュラの仮面』がめちゃくちゃ面白かったので、自分の中でゼルダと言えば3Dみたいなイメージがあった。

ただ、『夢を見る島』は、2Dゼルダの良さを発見させてくれたゲームになった。

様々なアイテムを駆使しながらダンジョンを攻略していくのは、まさに「ゼルダの伝説」といった感じだし、後を引きずらない満足感というか、やたらハマらせてくるようなゲームとは違った「上質さ」がある。

 

とても上質で贅沢なゲームだと思う

ゲームって、「ハマる」から楽しいものだというイメージがあるし、自分もそれをまったく否定しない。

でも、「ハマらせる」ための方法って、開発者側でもかなり研究されてると思うんだよね。

レベルアップとステータス選択、ランダムドロップ、ガチャ、コレクション要素、隠し要素、などなど、これらはもちろん「楽しい要素」なんだけど、それが行き過ぎると、ただただゲームに時間を吸い取られた感に陥ってしまうこともある。

『夢を見る島』などのゼルダシリーズは、「ハマらせる」ような仕組みを、あんまりむやみに使っていない。

間違いなく「ハマれるゲーム」なんだけど、ランダム要素などの仕組みでハマらせるんじゃなくて、遊び終わったあとにスッキリするような楽しさを提供してくれる。

食に例えると、油や化学調味料をまったく使っていない、あっさり系だけどめちゃくちゃ美味しくて満足感のある料理みたいな感じ。

「上質」という言葉がふさわしいように思えた。

「ハマらせる(もっとやりたいと思わせる)」仕組みは、「終わったあとの物足りない感」と表裏一体なのだけど、『夢を見る島』は、ちゃんとハマれて満足感があるのに、ダンジョンクリア後などはスッキリして、物足りなさを感じたい。

これは、めちゃくちゃ素晴らしいことだと思いますよ!

自分の子供にも、安心して遊ばせることができる。

 

ダンジョン、ストーリー、ビジュアル、すべてが良い!

過去の名作と言われているだけあって、ダンジョンのギミックとか、ストーリーとかは、とても良かった。

ネタバレは避けるけど、「こ、こういうゲームだったのか!」という衝撃があったし、すごく心打たれた。

ビジュアルは、絵本の中に入り込んだみたいな世界で、「良い意味での任天堂らしさ」に溢れていた。

「目に楽しい」って言うか、ジオラマ風のワールドで、「そこにいるだけでなんか楽しい感じ」のビジュアルデザインが素晴らしい。

まったく媚びた絵柄ではないのに、どこか明るく楽しい気持ちにさせてくれる。商業性と芸術性を両立したような絵柄だと思った。

細かいところの作り込みは、本当にスゴい。

 

リメイクだからか、「作品の世界観」がとても良くまとまっている

長年愛されてきた作品のリメイクだからか、「こういう世界観」というものがしっかり定まっているように感じたし、そこに向かっての洗煉に磨きがかかっているように思えた。

ストーリーも、それを掻き立てるBGMもめちゃくちゃ良いし、製作者の人たちも、そのような感動をすでに知ってる上で、さらに磨こうとするから、とても完成度の高い作品になったのかな、と思った。

「リメイク作品」というのは、批判されることも多いが、本作は間違いなく素晴らしいリメイクにあたるのではないかと思う。

少なくとも、リメイク前を知らない自分からしたら「神ゲー」だった。

 

あえて欠点を挙げるなら、値段に対するコストパフォーマンスかな?

一応、購入するか迷っている人のためのレビューなので、欠点と思われる点も挙げておこうと思う。

ゲームのクオリティに関しては、間違いない。

ただ、ゲームボーイソフトのリメイクだからか、近年のSwitchソフトと比較すれば、ボリュームはかなり少なく感じる。

自分も、発売日から1週間ほどでクリアしてしまった。

「辛口モード」などのやりこみ要素などもあるものの、それでも全体的なボリュームは、かなり少なめだろう。

例えば、同じゼルダシリーズである『ブレスオブザワイルド』と比べれば、プレイ時間は数分の1ほどになると思う。

ただ、「プレイ時間の長さ=ゲームの価値」というのは、ファミコン時代の価値観だと思うし、そういうことを気にせずに、普通に神ゲーと言いたくなるだけのクオリティがある。

個人的には、最近のニンテンドースイッチソフトの中でも、かなりおすすめのほう。お子様に遊ばせる用のゲームとしてもいいと思う。

他の様々な「2Dゼルダシリーズ」も遊びたくなるくらい、良いゲーム体験だった。

 

レビューは以上になる。

当ブログでは、「おすすめのスイッチソフトランキング」なども執筆しているので、よかったら参考にしていってほしい。

ニンテンドースイッチのおすすめソフトをランキングで紹介【Nintendo Switch神ゲー】

2018.07.21
スポンサーリンク

コメントを残す