『ポケモン ピカブイ』の評価&感想【Let’s Go! イーブイをレビュー!】

今さらだが、『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ/イーブイ』のレビューを書いていきたいと思う。

ちなみに自分がやったのは、「イーブイバージョン」のほう。

「ポケモン好き」からは、賛否が分かれるソフトのようだが、個人的には、「神ゲー」と評価したいほど最高のソフトだった。

自分はいわゆる「ポケモンガチ勢」ではないので、一般的なゲーマーおじさんの意見として読んでもらいたい。

従来のポケモンのシステムを大きく変更

『ピカブイ』は、従来の「ポケットモンスターシリーズ」とは、システムが大きく違う。

「戦闘システム」はシリーズ共通なのだが、「フィールド」には、かなりのオリジナルな変更が加えられている。

まず、「レベルアップ」だが、今作は野生のポケモンと戦わない。従来のポケモンファンからすると、けっこうビックリするような変更点。

シンボルエンカウントで野生のポケモンと遭遇し、Joy-Conを使ってボールを投げることで捕獲する。そして、野生のポケモンを捕まえると、パーティーの全ポケモンに経験値が入る。

やってみると、けっこう手軽で、サクサク進むから快適。

初期のポケモンって、意識して経験値を割り振らないと、1、2体の強いポケモンで最後までクリア、というふうになってしまいがち。そのために、「学習装置」の性能がアップなどの策がとられてきたのだが、今作のポケモンは、フィールドのモンスターを捕まえるだけで、パーティー全員に大きな経験値が入るという、めちゃくちゃ大胆な仕様。

「地道にレベル上げをしてポケモンを育てる」という過程がいらなくなっている。

また、従来のポケモンでは定番だった「自転車」がなくなって、サイホーンやギャロップなど、特定のポケモンに乗ることで、早く進めるようになる。

「ひでんわざ」も、いちいちポケモンに覚えさせる必要がなくなり、手に入れるだけで進めるようになった。

「便利で気楽に」という部分が重視されているように思う。

自分は、最初はやや違和感があったが、途中からは「普通に楽しいじゃん♪」という感じで、気持ちよくプレイできた。

 

難易度はかなり低め

ゲームの難易度は、かなりヌルい。

ポケモンを捕まえるだけで勝手にレベルアップするし、相手がたいして強くないので、普通に戦っていればまずバトルで負けることはない。

このような手応えのなさに不満を感じる人もいるかもしれないが、そもそも『ピカブイ』は、新しくポケモンを始めるキッズを前提に作られていると思う。

ポケモンに慣れた「大きなおともだち」が、低難易度化について文句を言うのは、ちょっとお門違いのように思う。

まあ、初代ポケモンで「カスミのスターミーで詰む」とか、金銀で「アカネのミルタンク詰む」とか、そういう経験も、ゲームを豊かにしてくれるものだと思うから、それなりの難易度はあっていいとも思うけどね。

「殿堂入り」を果たしてからは、それなりに歯ごたえのある相手も出てくる。

 

ポケモンもかわいいし、キャラもかわいい!

『ピカブイ』の大きな魅力は、とにかく「かわいさ」だろう。

「相棒ポケモン」や「ファッション要素」など、「ポケモンのかわいさを堪能するためのゲーム」と言っても過言ではない。

あと、ポケモンも可愛いけど、キャラもそれに劣らないくらいキャワイイ!

おじさんゲーマーがこういうのはキモいけど、『ピカブイ』の女性キャラって、何か異常なくらい魅力的なのよ!

「狙ってない良さ」っていうのかな?

とにかく、『ピカブイ』の女性キャラの魅力はスゴい。ジムリーダーのみならず、モブキャラもかわいい。何ならライバルや男の子キャラもかわいい。気になるなら遊んでみよう!

 

「初代ポケモン」の素晴らしさを再確認

『ピカブイ』をやって思うのは、「やっぱり初代のポケモンっていいなあ……」ということ。

おじさんは、最近のポケモンがゴチャゴチャしすぎて、名前とかも覚えられなくなってきてるんだが、初代のポケモンたちは、シンプルでカッコいい。

なんていうか、「初代ポケモン」には、色んな奇跡とか、熱意のようなものがあるよね。『ピカブイ』を遊んでみて、改めてそれを感じた。

シンプルに面白いし、「冒険してる感」がとても楽しい。

『ピカブイ』の総評だが、初代ポケモンが持っている良さをしっかり出しながら、遊びやすく現代的にアレンジした、かなり良いゲームだと思う。

今のキッズたちにも、初代ポケモンの良さを味わってほしいし、『ピカブイ』はそれが可能なクオリティだと思う。

 

「出会い」と「冒険」を味わうなら最高のゲーム

ポケモンにおける、煩雑で面倒な要素を切り捨てて、快適に遊べるようにした作品と言える。

「個体値の厳選を前提としたレートバトル」などに取り組む、いわゆる「ポケモンガチ勢」からすれば、物足りない部分や、違和感を感じる部分は多いかもしれない。

だが、「小さい子供」や「ポケモンを初めて遊ぶ人」向けとして考えれば、かなり良い調整だと思う。

「ポケットモンスターの世界」を堪能し、ゲームだからこそ可能な「出会い」と「冒険」を味わうためのリメイクとして、「素晴らしい仕事」と評価したい作品だ。

「自分の思っていたポケモンじゃない!」と言いたくなる人の気持ちもわかるが、個人的に、『ピカブイ』は最高の作品のひとつだと評価している。

 

『ポケモン ピカブイ』のレビューは以上になる。

参考になったという方は、以下の「Switchソフトおすすめランキング」も見ていってくれ!

ニンテンドースイッチのおすすめソフトをランキングで紹介【Nintendo Switch神ゲー】

2018.07.21
スポンサーリンク

コメントを残す