女性がマッチングアプリを使う上で注意すべきことを、男性側の視点で解説【アプリで婚活】

「マッチングアプリ」は、最近はメジャーな出会いの方法になり、使う女性ユーザーも増えた。

というより、男女両方が使わないと成り立たないアプリなので、女性ユーザーの増加が、マッチングアプリブームを呼んだのだろう。

マッチングアプリにおいて、女性ユーザーが「有利な部分」と「不利な部分」があると思う。今回はそれを解説していく。

女性は圧倒的な売り手市場

使ってみた女性ならわかると思うが、現時点でマッチングアプリは、女性側の「売り手」市場だ。

まず料金設定からしてすごい。男性は月額3,000〜4,000円程度の使用料が必要なのに対して、女性は完全に無料で使える。

ほとんどのマッチングアプリが、女子会員を増やして、それを目当ての男性会員から料金をとる、というビジネスモデルになっている。

つまりマッチングアプリは、「そこまでやる気のない少数の女性」と「月額料金を支払うほど熱心な数多くの男性」で成り立っているというわけだ。

しかし、そもそも、男女の数はほぼ同数のはずなのに、なぜこのような差が生じるのだろうか?

 

共通の知り合いがいない出会い方は、女性にとって望ましいものではない

まず、なんだかんだ言って多くの女性は、「遠くのハイスペ」よりも「近場の恋」を選びがちなことだ。

共通の知り合いが多くいる恋愛のほうが、女性にとっては望ましい。

なぜなら、共通の友達がいるとか、同じ学校の出身だった、とかのほうが、相手の男性の信用が担保されているからだ。

もし共通の知り合いが一人もいなければ、「適当に付き合っていきなり振る」「何人もの浮気する」ことのリスクが、男性側に極端に少なくなる。

マッチングアプリの出会いは、「共通の知り合い」がいない出会いなので、女性側からすれば、出会った男性の信用が保証されず、望ましい出会いになりにくい。

 

結婚したいのであればマッチングアプリは向いていない

  • 食事に行く、デートに行く、一夜を共にする、あたりまでは、女性が優位
  • 親密になってから、結婚するかどうかは、男性が優位

という区切りがざっくりある。

ぶっちゃけて言うなら、「マッチングアプリ」を使う男性のほとんどが、短期的な遊びを目的にアプリを使用している。

中には真面目な人ももちろんいる。だが、「この人いいな!」と思うようなプロフィール画像の男性は、たいていの場合、かなり場数を踏んでいて、遊ぶためにアプリをやっている。

遊び慣れている男性からすれば、マッチングアプリは競争率が高いのであまり良い狩り場ではないが、共通の知り合いなどがいないので、「遊びやすい」という印象なのだ。

というより、男性側は、「遊びやすい」という大きなメリットがあるからこそ、あえて女性側の売り手市場であるマッチングアプリを、月額料金を支払ってまで使おうとする。

マッチングアプリの場合、仮に男性の年齢が20代後半や30代であっても「結婚相手を探すため」に使っている場合は稀だ。

ここらへんは、なんとなく結婚を意識しながら出会おうとする女性と大きく違うところだろう。

つまり、女性がマッチングアプリを使う場合、自分よりもハイスペと出会うこと自体は簡単だが、そのぶん結婚まで漕ぎ着けるのは難しい、ということになる。

 

女性がマッチングアプリをうまく使う方法

女性がマッチングアプリを使うことを否定したいわけではない。出会いの機会がなくてマッチングアプリを始めた人はたくさんいるし、マッチングアプリで幸せな出会いをした男女はたくさんいる。

むしろ、女性側は、上手な使い方をすることによって、普段よりも有利な出会いを実現することができる。

女性がマッチングアプリをうまく使う方法としては、以下のようなことを意識するとよい。

  • 通常の出会いよりもガード硬め
  • Facebookで友達申請をする
  • 使い慣れてなさそうなハイスペを発掘する

まず、上で述べてきた理由により、男性は遊ぼうとしている人が多いので、普段よりはガード硬めで臨むがいいと思う。

身体を許すのであれば、何度かデートを重ねてからにするべきだ。キッカケはマッチングアプリだとしても、ことに及ぶまでのデートの回数を多めにすることで、真面目な人とそうでない人をふるいにかけることができる。

なお、Facebookで友達申請をするというのも、非常に有効な方法だ。もしFacebookで友達になることを渋る男性がいたら、かなり軽快すべきだろう。

良い人の見つけ方として、「プロフィールとか慣れてない感じだけど、スペックは高そう」な男性と会ってみると、いい出会いやいい結婚に繋がりやすいかもしれない。

 

スポンサーリンク

コメントを残す