マッチングアプリとは何か?メリットとデメリットを男女別に解説

この記事では、「マッチングアプリとは何か?」「どういうメリットとデメリットがあるのか?」「どのマッチングアプリを選べばいいのか?」を解説する。

マッチングアプリの仕組みや性質について詳しく知りたい人、マッチングアプリを使おうと考えている人にとって有用な内容だと思うので、ぜひ参考にしていってもらいたい。

マッチングアプリとは何か?

マッチングアプリとは、主に男女が出会う(マッチングする)ためのアプリのことを言う。

ひと昔前の「出会い系アプリ」と、今の「マッチングアプリ」を判断するためのわかりやすい基準として、「従量課金」か「月額課金」か?がある。

かつての「出会い系アプリ」は、使うほどお金がかかる「従量課金」で、架空の女性のプロフィール画像を使った「サクラ」が、男性ユーザーを釣り、たくさん使わせることで収益を得る、詐欺に近い事業だった。

現在の「マッチングアプリ」は、男性ユーザーと女性ユーザーの両方がいて、どれだけ使用しても同じ料金の「月額課金」で運営されている。たくさん課金させるために、架空のプロフィールで釣るといったことは起こらず、健全な男女の出会いが発生するサービスになっている。

ネット上での出会いは、かつては敬遠されるものだったが、現在は時期も熟し、「ネットで出会うのはもはや当たり前」になっている。信用できるものだからこそ、月額課金でちゃんと定額をとるのだ。

職業上などの理由で、良い出会いを見込めない男女はたくさんいて、そのような男女にとっての有用なツールが「マッチングアプリ」だ。

 

マッチングアプリのメリット

「日常より多くの出会いの機会を得られること」が、男女に共通する、マッチングアプリのメリットだ。

単純に、今まで出会うことが不可能だった人に、会えるチャンスができた。

サークルや職場のような固定化された人間関係と比較して、比べ物にならないくらいたくさんの異性にアプローチできる。

ナンパや相席居酒屋のような出会いの場と比較しても、登録した人のほとんどが真剣に出会いを求めているし、「真面目で誠実な出会い」ができるメリットは非常に大きい。また、ナンパ行為と違って、出会いを求めても迷惑行為にならない。

もともとは「運命」とされていた「出会い」というものを、日常のスケジュールに組み込めるようになったというのもメリットの一つだろう。

 

男性が使う上でのマッチングアプリのデメリット

男性がマッチングアプリを使う上でのデメリットは、まず第一に「有料」であることだ。

まともな「マッチングアプリ」は、男性が有料の月額料金(3,000〜5,000円が相場)を支払うことを前提としている。むしろ、男性が無料で使えるアプリは、従量課金制の「悪質な出会い系サイト」である可能性が高いので、避けたほうがいい。

マッチングアプリは、女性は無料で使えるが、男性は有料だ。

マッチングアプリ側が、広告などで女性ユーザーを集め、女性ユーザーがたくさんいるアプリに男性が登録して月額料金を支払う、というモデルになっている。

男女不平等に感じるかもしれないが、仮に「女性も有料」にしてしまった場合、女性ユーザーが集まらず、結果的に男性ユーザーにも見放されてしまうので、マッチングアプリ側は、女性を無料にせざるを得ないという事情があるのだ。

また、手軽に参入できるマッチングアプリは、競争が激しくなる傾向がある。

月額課金が必要な上に、競争率が高いことが、男性がマッチングアプリを使う上でのデメリットだ。

 

女性が使う上でのマッチングアプリのデメリット

女性はマッチングアプリを完全無料で使える上に、基本的に売り手市場なので、自分よりもスペックの高い男性とマッチングしやすい。

一方で、マッチングアプリで人気になるような男性ほど、「あまり真剣でない」場合が多い。というより、数をこなしてマッチングアプリに慣れた男性は、数をこなせるだけの試行回数を重ねてきた(多くの女性と出会ってすぐに別れてきた)わけで、結婚などに対して消極的なことが多い。

「出会いやすいけど、結婚には繋がりにくい」というのが、女性側におけるマッチングアプリのデメリットだ。

もちろんこのデメリットも、使い方しだいなところはある。より詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてもらいたい。

女性がマッチングアプリを使う上で注意すべきことを、男性側の視点で解説【アプリで婚活】

2019.08.13

 

マッチングアプリの上手な使い方

マッチングアプリの特性を活かした上手な使い方は、「出会い」を日常生活に組み込むことだ。

本来、「出会い」というのは突発的なものであり、コントロールするのが難しいものだった。一方でマッチングアプリは、日常生活に組み込んで、習慣的に使用することが可能だ。

習慣的に使うということは、毎日使う中で上達ができるということでもある。「自分のプロフィールが相手にどう見られるか」などを試行錯誤しながら、フィードバックを得て、改善していくことができる。

短期的に良い相手に見つからなくても、毎日少しずつ「良い出会い」を探していくと、何もしないよりははるかに、良い相手と巡り会えることが多い。

「長期的な視野を持って、習慣的に使う」というのが、上手にマッチングアプリを使う方法と言える。

 

おすすめのマッチングアプリは?

ここでは、男女ともに、信用できる鉄板のもののみを紹介する。

「人が集まってなんぼ」のサービスではあるので、基本的にマイナーなものよりも、ユーザー数が多い有名なものを選んだほうが良い。

pairs(ペアーズ)



「pairs」は、最もユーザー数の多い最大手マッチングアプリで、基本的にはここに登録するのが王道。

普通に真面目な出会いを求めている人が最も多い。

 

with(ウィズ)



「with」は、「pairs」と比較してユーザー数は少ないが、アプリがオシャレで、若年層に人気が高い。

年齢が若い人や、若い相手を求める人は「with」がおすすめ。

 

marrish(マリッシュ)



「marrish」は、「再婚」に重点を置いているアプリで、結婚意識が高いユーザーが多く、女性にとって優しいマッチングアプリと言うことができる。

再婚をしたい男性や、相手の結婚歴が気にならない男性にもおすすめできる。

 

スポンサーリンク

コメントを残す