天才的な「からかい」マンガ!山本崇一朗『からかい上手の高木さん』が面白い!

『からかい上手の高木さん』は、「山本崇一朗」先生による日常系漫画で、今は小学館の月刊誌「ゲッサン」で連載している。

現時点で、コミックの売上700万部を突破し、アニメもシーズン2が放映されている、超人気作品だ

VRアニメーションの企画が立ち上がったりなど、飛ぶ鳥を落とすような勢いがある。

自分は、最初にこの作品を見たとき、ただ中学生がからかったり、からかわれたりしてるだけで、何が面白いのだろうと疑問だったが、いつの間にかハマってしまった。

小学館「ゲッサン」の公式サイトで、第1話を無料で読むことができる。

からかい上手の高木さん | ゲッサンWEB

中学生の「西方」が、ひたすら「高木さん」にからかわれる

中学生の主人公「西方(にしかた)」を、同じクラスの大人びた美少女「高木さん」がからかう、ただそれだけの漫画。

「西方」も、「高木さん」をからかい返そうとするのだが、「からかい上手の高木さん」には敵わない……ということを延々とやってる。

1話完結型で、「西方」はいろいろと頑張るけど、結局「高木さん」に負けて終わり、という超ワンパターンを繰り返すのだけど、それがいい。

肩の力を抜いて読むことができるし、スナック菓子のようなクセになる読み心地。

 

「恋愛漫画」というわけでもない

いわゆる、「恋愛漫画」ってわけではない。

もう「西方」と「高木さん」が「くっつく」ことは確定している。(これはネタバレというわけでもないと思う。)

 

結婚後のふたりの生活を描くスピンオフ作品『からかい上手の(元)高木さん』も連載されて、人気を博している。

先がわからない「恋愛漫画」ではなく、ただひたすらふたりのイチャイチャを描く「ほのぼの漫画」だ。

ただひたすらふたりのイチャイチャを見るだけ。

それだけで面白い!

 

作者のTwitterが面白い

「山本崇一朗」先生は、Twitterにいろいろな漫画やイラストを挙げている。

山本崇一朗-Twitter

50万人のフォロワーを持つ超人気アカウントだ。

基本的に「かわいい女の子」か「男女の恋愛」を描いているのだけど、「よくこんなの思いつくな!」と言いたくなる天才的な発想力(妄想力)。

「山本崇一朗」先生は、現在、『からかい上手の高木さん』と同時に、『くノ一ツバキの胸の内』『それでも歩は寄せてくる』などの連載も受け持っている。

 

絵がかわいく、発想も天才的。

自分のような古い漫画おじさんは、受け入れるのに時間がかかってしまったが、気がついたらドハマりしてしまっていた。

人を選ぶ作品かもしれないが、個人的にはかなりおすすめ!

 

アニメも最高!

「高木さん」の演技がめちゃくちゃ良くて、人気が出るのも納得だ!

 

『からかい上手の高木さん』のレビューは以上。

当ブログでは、「おすすめの漫画ランキング」も書いているので、気になる人は以下↓

「おすすめの漫画ランキング」をすべて感想&レビューつきで紹介【2019年】

2019.10.24

 

スポンサーリンク

コメントを残す