つくしあきひと『メイドインアビス』が、エグすぎるし面白すぎる!

みなさんは『メイドインアビス』を知っているだろうか?

『メイドインアビス』は、「竹書房(ポプテピピックで爆破されてるイメージ)」のウェブコミック配信サイト「WEBコミックガンマ」で連載中の、「つくしあきひと」による漫画作品だ。

WEBコミック連載ながら、非常に強いインパクトを持っている漫画で、2017年にはテレビアニメ化もされた。

自分は、アニメを通して『メイドインアビス』を知ったのだけど、あまりにも面白くて、コミックスも全巻買ってしまった!

かわいいキャラがたくさん出てくる冒険ファンタジーだけど、かなりエグい

舞台は、オリジナルなファンタジー世界。

「アビス」と呼ばれる、底知れない巨大な縦穴が存在していて、そこが人類最後の秘境になっている。

アビスには、現世人類より遥かに高いテクノロジーを持った「遺物」などの宝が眠っているが、危険も多い。

未知を求めてアビスの深部を目指す人たちは、「探窟家(たんくつか)」と呼ばれ、アビスの周辺には「探窟家」たちのための街が存在している。

「未知を求めて大穴の奥へ!」と聞くと、少年誌的な王道ファンタジーに見えるし、実際にそういう部分もあるのだが、「アビスの呪い」という設定があって、それがエグい。

「アビス」は、下へ降りるときはなんともないのだけど、上へ登ろうとする(アビスから帰ろうとする)際に「上昇負荷」がかかる深く降りれば降りるほど、帰るときに大きな代償を支払わなければならない。

浅い階層の「上昇負荷」は、めまいとか吐き気程度だが、深い階層だと、意識混濁や人間性の喪失などがある。

もっとも深くまで降りると、「上昇負荷」が「確実な死」になるので、実質的に命を引き換えにして先に進まなければならなくなる。

だから、「未開の地を冒険してやるぜ!」みたいな感じだけでなく、かなり残酷で心を抉られるようなシーンが多い。

具体的なことを言うとネタバレにもなってしまうので避けるが、「アビス」の設定だけじゃなく、もっと色々なエグい部分がある。

 

かわいさがエグさを引き立てる

『メイドインアビス』は、多くの漫画作品のような線画とトーンではなく、絵本のパステル絵のような感じで描かれている。

「漫画」としてそれほど見やすいわけではないのだが、「こういうやり方でしかこの世界観は表現できないな」というものがある。

画力はめちゃくちゃ高くて、作者の「つくしあきひと」先生は、もともとゲーム会社で働いていたり、イラストレーターとしても仕事をしていたらしい。

キャラクターも非常にかわいく、とくに「ナナチ」というキャラは、『メイドインアビス』の中でも屈指の人気を誇る!

ケモナーを増やしそうなかわいさ!

他にも、個人的に「ボンドルド」というキャラがすごく好きで、一般的な常識の範疇に収まらない、強烈なキャラクターが出てくる。

なんとも表現しようがないが、とにかく独特の魅力を持ったキャラクターと世界観だ。

かわいい系の作風なゆえに、エグさがより引き立っていて、その点では『魔法少女まどかマギカ』と似たようなところがあるかもしれない。

 

かなり人を選ぶ作品だけど、おすすめ!

見ていてシンプルに楽しくなるような作品を求めている人には、おすすめできない。

ただ、本当に稀有なものを持った素晴らしい作品なので、気になる人はぜひ見てみてほしい。

 

自分はアニメから入ったが、漫画よりもアニメのほうがとっつきやすいかもしれない。

アニメは、「Netflix」や「Amazonプライム」など、色んなサービスで配信されている。

ワンクールのアニメだが、続編も劇場版として公開されている。

 

もちろん原作の漫画から入ってもいい。

最初の数話と、最新話は、「WEBコミックガンマ」で無料で見ることができる。

メイドインアビス-WEBコミックガンマ公式サイト

 

スポンサーリンク

コメントを残す