プログラミングスクール信頼できるおすすめはどれ?現役エンジニアが解説

おすすめのプログラミングスクールを、現役エンジニアとして解説を交えながら紹介していきたい。

プログラミングスクールは、主に「レクチャーやアドバイス」「詰まったときのサポート」「書いたコードのレビュー」「就職先の紹介や相談」などを行ってくれる、プログラミングを身に着けたい人のための学習サービスだ。

プログラミングを学びたい未経験者・初心者にとって非常に有用なサービスだが、実際のエンジニアの人手を使ったサービスなだけあって、価格は安くない。

今回は、良くわからない人が失敗しないために、信頼できるおすすめのプログラミングスクールを紹介していきたいと思う。

プログラミングスクール信頼できるおすすめはどれ?どうやって選べばいいの?

プログラミングスクールのおすすめを紹介しいくが、信頼できる度、料金のお得度、メンターの質、転職サポート、おすすめ度(←かなり正直)を、5段階の★評価でレビューしているので、率直にそれを見ればけっこう参考になると思う。

プログラミングスクールは、安くないサービスだが、いきなり料金を支払わされることは絶対にない。

サービスに入会する前には、オンライン通話や、対面を通しての面談(無料体験レッスン)が確実にあるので、まずはそれを受けてから、サービスの加入を考えるのが普通だ。

もし、Web上の手続きだけで、いきなり数十万もするようなサービスに加入するよう言われたら、それはヤバいサービスなのですぐにブラウザバックしよう!(もちろんこの記事ではそのようなものは紹介しない。)

「まずは無料体験」というのを念頭に置きながら見て欲しい。

「まったくわからない人」というのは搾取されやすいので、受動的にならず、自主的に情報を集めて勉強しようとする姿勢が大事で、そのような心構えこそが実際のプログラミング学習にも役立つ。

サイトなどの説明をちゃんと見た上で、まずは無料体験に申し込もう。

前置きが長くなったが、おすすめサービスを紹介していく。

 

TechAcademy(テックアカデミー)

公式サイト:TechAcademy
学習形態 :オンラインのみで完結
無料体験 :1週間無料
学習レベル:初心者〜上級者
信頼できる度:★★★★★
料金のお得度:★★★★
メンターの質:★★★★★
転職サポート:★★★★★
おすすめ度 :★★★★★

プログラミングスクールの中では最大手で、サービスも非常に優良。基本的にこの「TechAcademy」を一番おすすめしたい。

公式サイトを見てみれば、その時点でWeb製作のクオリティが高いのがよくわかる。

目標が「オリジナルのWebアプリケーションを製作し、インターネット上に作品を公開」となっているが、非常に実践的。

「スマホアプリ」や「ゲームアプリ」などのコースもあり、「Webエンジニア」ではなく「ゲームクリエイター」を目指してプログラミングを学びたい人にも対応している。

受講者を2〜4ヶ月でちゃんとエンジニアとして育て上げ、実際に就職させることを想定してカリキュラムが作られている。大手サービスだけあって、企業とのコネも多く、就職先のサポートまでガチで行ってくれる。企業は人材を必要としているし、受講者が技術を身につけて就職できれば、受講者・スクール・企業の三方良しの関係を築ける。このような良質なサイクルがちゃんと回るほど、ハイクオリティのサービスになっているのが「TechAcademy」だ。今もっとも勢いのあるプログラミングスクールと言っても過言ではない!

価格はプランによるが、社会人で月額10万円ほど。学習の確実さや料金の割引度を考えて、おすすめは3ヶ月コースだが、これに関してはメンターに相談したほうがいいだろう。

このサービスを特におすすめできる理由は、「1週間の無料体験」がついていることだ。

無料で、メンターに相談して、チェットでプログラミングのわからないところを聞き、プログラミング経験とそれに対するレビューが得られる。内容に自信があるからこその、1週間もの無料体験だが、プログラマーを目指しているのであれば受けてみて損はない。

サイトには受講生のインタビューなどがたくさん載っていて、それを読むだけでも面白いし、どういう感じなのか掴めてくるだろう。

オンラインで完結するサービスなので、「まったくパソコンがわからない!」という状況から受講するのは無理がある。パソコンのことが何もわからないまったくの初心者向けではなく、ある程度の自主性を持ってプログラミングを身に着けたいと思っている人向けのサービス。

パソコンを所持していて、「ブラウザでインターネットの閲覧」「ファイルの保存、ダウンロード、インストール」など、PCの基本的な操作は問題なくできることが前提だ。IT系のことは何もわからず、自主的に学習する意欲も低い、という状態で申し込むと、お金を無駄にすることになる。

もちろん、本気でプログラミングを身につけたいという意欲がある人にほど、有用なサービスであることは間違いない。

 

CodeCamp(コードキャンプ)

公式サイト:CodeCamp
学習形態 :オンラインのみで完結
無料体験 :無料体験レッスン
学習レベル:超初心者〜中級者
信頼できる度:★★★★
料金のお得度:★★
メンターの質:★★★★★
転職サポート:★★
おすすめ度 :★★★

企業への「プログラミング研修」「IT研修」などで有名なサービスだが、個人向けのオンラインスクールもやっている。

「オンライン英会話」のように、予約をしてレクチャーを受ける「レッスン」があったり、合格するまで添削してもらえる「添削サポート」の機能があり、ちょっと学校っぽい感じもある。

「TeachAcademy」が「自主的に勉強して、詰まったところや今後の指針について相談」というタイプだとするなら、「CodeCamp」は「決められた課題をこなしながらレッスンを受ける」というタイプだ。

クオリティの高い教科書があり、指導内容もしっかりしている。

「実践的かどうか?」で言えば「TechAcademy」だが、「本当に基礎的なところから、腰を落ち着けて学びたい」というタイプの人はこちらのほうが向いているかもしれない。

教師陣はしっかりしているし、指導も丁寧なぶんだけ、料金は高め。

無料体験レッスンができるので、どういう感じなのか、一度やってみることをおすすめする。

 

TECH::CAMP(テックキャンプ)

公式サイト:TECH::CAMP
学習形態 :教室とオンラインの両方
無料体験 :無料説明会、無料体験会
学習レベル:超初心者〜上級者
信頼できる度:★★★★
料金のお得度:★★★★★
メンターの質:★★★
転職サポート:★★
おすすめ度 :★★★

オンラインのみのプログラミングスクールは不安だから、教室で対面で学びたいという人向けのオンラインスクールが「TECH::CAMP」だ。

教室による直接指導と、オンライン教材が組み合わさった、教室+オンライン学習」のプログラミングスクール。当然ながら、チャットやスカイプを使った質問対応なども行われていて、詰まったところを聞くこともできる。

肝心の「教室」だが、関東に4校(渋谷、新宿、池袋、東京駅前)、中部に1校(名古屋)、近畿に1校(梅田)あり、平日は午後から夜の10時くらいまで、休日は夜の7時くらいまで開いている。そこに通えることが、サービスを受ける上での前提条件になる。

一応、教室に通えない人でもオンラインのみでサービスを受講することができるが、それをやるならオンライン完結型の「TechAcademy」などのオンライン完結型のほうが絶対にお得。

「対面指導」と「オンラインでの質疑応答」が揃っているので、初歩的なITスキルに不安がある人にもおすすめできる

基本的な「Webサービス」と「ゲーム開発」の他に、「AI(人工知能コース)」や「VRゲームコース」などもカリキュラムにあり、複数のカリキュラムを受けても金額が増えることはない。学習意欲がある人ほど得をするようになっている。

「無料説明会」があり、最初に説明会をして、次にプログラミングの体験をやってみて、目指したい方向性やキャリアなどの相談がある。サービスに料金を払うかどうかは、「説明会」のあとなので、必要かどうかは自分で考えることができる。説明会の段階で強引な勧誘などを一切しないことは明記されている。

教室が通える範囲にあり、オンラインのみで完結するプログラミングスクールはちょっと不安という人は、無料説明会に足を運んでみよう。

教室は、メンターへの相談はもちろん、自習に使うことができる。教室があるスクールは、一人では勉強のモチベーションが続くか不安という人にもおすすめだ。

 

DMM WEBCAMP ビジネス教養コース

公式サイト:DMM WEBCAMP ビジネス教養コース
学習形態 :教室での対面指導
無料体験 :無料説明会、8日間全額返金保証
学習レベル:超初心者〜初心者
信頼できる度:★★★★
料金のお得度:★★★
メンターの質:★★★
転職サポート:★
おすすめ度 :★★

ほとんど何もわからない初心者だけど、プログラミングを身に着けたい。パソコンなどに強くなりたい、という人向けのサービスが「DMM WEBCAMP ビジネス教養コース」だ。

オンラインではなく、実際にスクールに足を運んで教えてもらうタイプのプログラミングスクール。会場は渋谷から徒歩8分ほどの場所にあり、スクールはそこで行われるので、「渋谷に通えない」という人はそもそも選択肢外となる。

「オンラインで完結するスクールだと不安」「パソコンの操作がおぼつかない」「そもそもプログラミング用のパソコンを持っていない」という、まったくの未経験者でも受講できるくらい敷居が低いのが「DMM WEBCAMP ビジネス教養コース」。

有償だが、パソコンの貸し出しも行っている。

プロのエンジニアとして働けるほどのスキルは、(よっぽど才能のある人でない限り)ここだけでは無理だが、自主的にプログラミングを身に着けていけるだけの基礎は学べるだろう。

学べる内容は「Webデザイン」と「プログラミング」で、どちらも基礎的な内容。

プログラミングの基本的な内容や、ビジネスを行う上で最低限必要なITの教養などを身につけることができる。

対面のスクールだけあり、受講料も安くはないが、まずは無料説明会に申し込んで、会場に行ってみることをおすすめする。

初歩の初歩なので、このサービスをこなすだけで就職できるレベルにはならないが、基礎的なプログラミングを学ぶ対面指導のオンラインスクールとしては信頼できる。

 

紹介は以上となる。

オンラインスクールは、「わからないところを質問できるので効率的」「モチベーションがかなり上がって挫折しにくくなる」という大きなメリットがあるが、それでも、大前提としてプログラミングは自主的に学んでいかなければならない。

プログラミングに関して、当ブログでは学習法の記事なども書いているので、興味があればそちらも参考にしていただければ幸いだ。

独学で稼げるプログラマーになるための具体的な勉強法【プログラミング入門】

2018.07.08
スポンサーリンク

コメントを残す