「山田玲司のヤングサンデーYouTube」が面白い!漫画やサブカル好きはぜひ!

「山田玲司」は、『Bバージン』や『美大受験戦記 アリエネ』などの作品で知られる漫画家で、『非属の才能』『モテない女は罪である』などのエッセイも出して人気を得ている。

以前紹介した「岡田斗司夫」の友人でもあり、ニコニコチャンネルで『山田玲司のヤングサンデー』を配信しているが、YouTubeにも動画をアップするようになった。

「山田玲司のヤングサンデーYouTube」は、ニコニコ動画に登録していなくても快適に見れるし、面白い。

様々なトーク企画、コンテンツ解説企画、漫画家やイラストレーターになりたい人のための講座などをやっている。興味がある人は見てみよう。

 

冨樫義博が読まれる理由 ~ 『HUNTER×HUNTER』がなぜ騒がれるのか?山田玲司がズバリ解説

「冨樫義博」のネームバリューもあるだろうが、チャンネルの中でも特に再生回数が多いのがこの動画。

同じ漫画家ならではの視点で、冨樫義博への愛を語る。山田玲司さんは冨樫義博と同い年で、漫画家デビューも同時期らしい。

当時の雰囲気や人間関係を知っている「同じ時代を生きた同士」だからこそできる解説で、けっこう感動してしまった。

岡田斗司夫さんが、万人が納得するように論理的に解説するのに対して、山田玲司さんは「熱く語る」という感じ。

とは言え、別に論理的でないというわけではない。冨樫義博が「ミクスチャー」というのは、けっこうな納得感がある。

 

『手塚治虫は天才じゃない!?〜マンガの神様がとった10の戦略!!』

「手塚治虫」のスゴさを語る動画。細かい手塚治虫エピソードがめちゃくちゃ面白い。

YouTubeチャンネルとして見ると、本題に入る前の話が長いと感じるかもしれないが、もともと内輪でワイワイやっているのを楽しく見るチャンネルだ。

「乙君」「しみちゃん」「久世さん」などのメンバーと、楽しい時間を過ごそうという感じで、そういう意図を理解して見れる人向け。

 

『いま振り返るヤンジャン/ヤンマガ/ヤンサン三国志!〜“何でもあり”で2強に挑んだヤングサンデー21年の伝説とヤング誌戦争クロニクル!!』

最近のほうになると、オープニングムービーなどもついたりと、番組がどんどん豪華になっている。(オープニングムービーは定期的に新しいのに変わるし、どれもクオリティが高い!)

この回では、今はもう休刊になってしまった週刊ヤングサンデーを振り返る。

1時間越えの長い動画だが、めちゃくちゃ勉強になるし、漫画や漫画誌が好きな人は必見の内容だと思う。

 

現役20代の「世代の壁」はどこにある?〜第一回「ヤンサンときめき家族会議」

山田玲司さんのチャンネルは、企画の幅がかなり広い。

30代越えのオッサンたちが、20代の話を聴くという、しゃべり場的な企画もやっている。

こういうの見ると、いいチャンネルだな〜と思う。

基本的にみんな良い人たちで、何本か動画を見ていると、居心地が良くなってくる。

 

以上、「山田玲司のヤングサンデー」を紹介してきた。

いろんな興味深いトピックを扱っているので、チャンネルの「動画一覧」などを漁ってみてほしい。

岡田斗司夫さんの動画と比べて、ノリに馴染めるかどうかで好みが別れる部分があると思うが、個人的には大好きなチャンネルだ。

 

当ブログでは、おすすめのYouTubeチャンネルも紹介しているので、よかったら以下もぜひ。

個人的に面白いと思うYouTubeチャンネルおすすめランキング

2019.11.10

 

スポンサーリンク

コメントを残す